顔や手や脇!多汗症のためのサプリランキング

 

更年期障害は多汗症の原因になる?

 

更年期障害はさまざまな症状があります。その中でも多汗症は症状としても現れやすいものになっています。そもそも更年期とはどういった症状なのかということを簡単にご説明します。

 

更年期になると、女性ホルモンの中でもプロゲステロンとエストロゲンの分泌量が減少していきます。本来のホルモンの分泌量から変わってくることで、ホルモンのバランスが崩れてきます。このことによって起きることが交感神経が優位になるということです。

 

自律神経の中には交感神経と副交感神経があります。交感神経は体温の調節によって汗腺から汗を出すという役割がありますが、更年期の症状とし交感神経が優位になるということがありますので結果として汗が多く出るということになっていきます。

 

更年期が原因となる多汗症の症状として特徴がありますので整理していきましょう。

 

・上半身、とくに顔や胸、首に汗を多くかく
・寝汗が多くなる
・汗がべたべたしている
・ほてりやのぼせがある
・冷え症にも発展する

 

更年期は年齢により仕方のないと諦めている方も少なくはありません。しかし、更年期というのはれっきとした症状、病気としても考えられています。そのため専門機関を受診するというのも一つの方法です。更年期の症状としては婦人科が専門となりますのでぜひ受診してみることをお勧めします。

 

精神性多汗症として扱われることもありますが、その時には精神安定剤が処方されることもあります。その時に制汗剤を使用すると逆効果になる恐れもありますので医師に相談をしましょう。

 

多汗症の基礎知識

 

 

多く汗をかく、それが多汗症です。この多汗症というのは単なる汗かきということではありません。実はれっきとした病気だったということがわかりました。そもそも多汗症とはどういったものなのか、それを整理していきたいと思います。多汗症というのは原因が一つではありません。

 

汗が出てくる汗腺にはエクリン腺、アポクリン腺というのがあります。そのうち、エクリン腺からの汗が異常に多く分泌される、それが多汗症の症状となります。また、体質的な問題もあります。全身から汗が多く出る症状を全身性多汗症といい、特定の場所からだけ汗が多く出る症状であれば局所性多汗症と呼んでいます。

 

ただし、人間は誰しも汗をかきます。その汗の量が多いのかそれとも普通なのか、多汗症のラインというのはあいまいになっているというのもまた事実です。症状が人によっても違ってくるというのも多汗症の症状の特徴になります。多汗症で悩んでいる人がみんな同じような症状ではなく、汗が出る場所も違っており、汗の量も違っています。

 

例えば全身から汗が出てくる人もいれば、手のひらだけ異常に汗をかくという人もいます。おでこからぽたぽたと落ちるほどの汗をかく人もいれば、じんわりと手のひらににじむ程度の汗の人もいます。個人差はあるにしろ、悩みの大きさもまた汗の量に比例しているとは限りません。それほど多い汗でなくても本人にとっては困り果てた悩みの種になっていることもあるものです。

 

睡眠薬の効果

 

自律神経障害の症状の中でも代表的なものの一つが不眠症です。寝付きが悪い、眠りが浅いといった状態になります。その改善には睡眠薬が活用されることもあります。質の良い眠りのために、上手に睡眠薬を使用しましょう。

 

*睡眠薬の上手な利用で、心身のバランスを回復させる
自律神経のバランスは、夜更かしやストレスを原因として崩れてしまうことがあります。そうなると、本来はリラックスしているべき深夜でも、中枢神経が緊張しているような状態となります。身体のスイッチが上手く作用せず、休む状態へと切り替えることが難しくなっているとも言えます。それが、寝付きが悪い、眠りが浅いといった睡眠障害につながってしまうこともあります。

 

睡眠不足が慢性的なものとなると、それが疲労や新たなストレスにつながってしまいます。心療内科のような専門医での診察を、できるだけ早急に受けるようにしてください。

 

また、睡眠薬に対して不安を持つ方も多いかもしれません。依存性が強い、身体への負担が大きい、といった印象があるのでしょう。しかし、すべての睡眠薬がそういった特徴を持つわけではありません。依存性が低いものや副作用が少ない超短期のものも中には存在します。

 

とはいえ、作用の強い睡眠薬があえて処方されることもあります。身体の様々な部位に自律神経失調症の症状が出てしまっているケースや、不眠症が深刻なケースなどです。こういった場合は、まずは心身のストレスの軽減が優先されます。

 

そして、薬の服用によって身体の状態を改善させた後は、数ヶ月かけての減薬が行われます。この減薬は医師の指導に従って行ってください。減薬や断薬を自己判断で行ってしまうと、症状が悪化することもあり得ます。

 

また、睡眠薬に対してどうしても抵抗感がある場合は、メラトニンの服用も手段の1つです。メラトニンには、睡眠のリズムを整える働きがあります。

 

睡眠薬はこんな症状の方に処方されます
□ 眠れない
□ 眠りが浅い

 

睡眠薬によって起こりうる副作用
□ 倦怠感
□ 頭痛
□ 眠気
□ ふらつき

 

*睡眠薬の代表例
睡眠薬を薬が作用する時間によって分類すると、超短期型、短期型、中期型、長期型といった分類になります。一般的に超短期型がよく処方されるのは、寝付きが悪い、症状が軽い、といったケースです。超短期型の効果は2〜3時間とされているからです。対して、中期、長期型が処方されるのは、寝付きは悪くないものの早期に覚醒するケースなどです。

 

翌日の副作用のあらわれ方は、薬の成分によって違ってきます。昼間の時間帯にひどくだるい、ひどく眠い、といった症状が見られる場合は注意が必要です。できるだけ早急な医師への相談が必要です。

 

睡眠薬の効果や副作用は、その薬との相性によって一人一人大きく異なります。そのため、一つの薬にこだわるのはあまりおすすめできません。不眠症 サプリを服用を行う際は、自分の体質に合致するものを見付けるつもりでいると良いでしょう。

 

・主な超短期の睡眠薬
アモバン(一般名 ゾピクロン)
ハルシオン(一般名 トリアゾラム)
・主な短期の睡眠薬
マイスリー(一般名 ゾルピデム)
レンドルミン(一般名 プロチゾラム)
サイレース(一般名 フル二トラゼパム)
・主な中期の睡眠薬
ユーロジン(一般名 エスタゾラム)
エリミン(一般名 二メタゼパム)
・主な長期の睡眠薬
ソメリン(一般名 ハロキサゾラム)
ドラール(一般名 クアゼパム)

 

 

更新情報・お知らせ

(2016/01/15)
冷え性が女性に多いのはなぜ?を更新しました
(2015/11/04)
内臓脂肪を減らす食事メニューを更新しました
(2015/11/04)
肝硬変に必要な安静を更新しました
(2015/11/04)
神の草ヒュウガトウキを更新しました
(2015/11/04)
乳液のつけ方を更新しました